WNV UP会議

久しく投稿出来ずにいました。
全国的に高温の日が続き、熱射病で搬送者やお亡くなりになられた方が出てきております。
改めて、水分補給の大切さを考えさせられます。

昨日は大阪のウォーターネット本部にて、ウォーターネットバリューUP会議(WNVUP会議)をおこないました。
e0183792_18535131.jpg
年齢が近く、気心が知れたエリアオーナー4社と本部の方とざっくばらんに今後の方向性や現状の問題点を話し合いました。
例えばひとつ高齢化について考えると、現状のボトルであれば12Lは乗せ替えの際に重さが課題になるので8L容器に出来ないか?
ボトリングラインで考えると容器その物のサイズを変更すると大幅にコストUPになってしまいます。それでは12Lの容器を使用し、8Lの水を充填できないか・・・

また、顧客のニーズが多様化している中、サーバーもデザイン性やカスタマイズすることを検討できないか・・・
ウォーターネットの価値やブランディングを考え、ボトル1本につき基金を積んで、井戸を掘る費用に出来ないか・・・とか様々な意見交換をおこないました。
e0183792_18540478.jpg
我々、エリアオーナーとしては地域に密着し、有事の際には県や市長村との災害協定の終結は欠かせません。
水という事業を通し、社会性やインフラに結びつけていくことが地域に密着した、とても崇高な事業となっていくと考えております。

このバリューUP会議を定期的におこない10年後、20年後のウォーターサーバー事業を見つめていきます。

[PR]
by sunayamanet | 2018-07-19 18:54 | 仕事 | Comments(0)