理念の共有

サッカー日本代表頑張っていますね。
e0183792_09091406.png
残念ながらグループリーグ突破は確定しませんでしたが、素晴らしい試合をやってくれました。
コンパクトで連動性があり、数的優位を作り出すサッカーをしていて、個々の技術プラス組織力がとても機能しています。とても自信溢れたサッカーをしていると感じます。

会社も同じですね。理念というゴールを演出する為には、理念を浸透させ、それに基づいた個々の行動・考え方とプラスチームワークがとても重要になってきます。
まさに、この西野ジャパンは明確な理念を持ち、選手全員に浸透させそれを行動に移してのこの戦い方だと思います。
サッカーからも我社も参考にさせて頂きます。

そういう意味でも、18日に大阪北部地震が発生いたしました。
電気は18日、水道は20日、ガスは25日とライフラインとして復旧に掛かった時間です。
我社の理念は『産業と暮らしの応援団』です。弊社の取り扱いしているLPガスは、ボンベが軒先にあるため復旧には時間を要しません。またウォーターサーバーも災害時には備蓄水として有効です。こういった商品をインフラ支援企業として取り扱い、市町村との災害協定を終結し、防災士や緊急救命士としての資格を有し暮らしを応援していきます。

理念を共有し、全社員が地域の暮らしをしっかりと支えていくという気概で働いていきましょう!


[PR]
by sunayamanet | 2018-06-25 09:42 | 仕事 | Comments(0)