福利厚生

2月20日は、弊社の54回目の決算日でした。
おかげさまで売上は過去最高ではございませんでしたが、経常利益は過去最高を記録いたしました。
社員さんの頑張りは勿論、お客様や仕入先様のおかげさまでこのような数字を残せたことに感謝いたします。

そういう意味でも社員の皆さんや家族が安心して働ける職場環境を整えるのも経営者の仕事です。
利益をどう使うのか?という観点で今期の決算を考えた結果、福利厚生を他社に負けない、それ以上なものにしようということに致しました。

具体的には、社員が死亡した場合(そんなことはあってはならないが!)遺族に300万円、葬儀費用100万円、癌になったら300万円、その他、入院や通院、手術した場合もお金が出ます。中小企業で、ここまで福利厚生を充実している企業は少ないと考えております。
また、決算賞与も昨年の倍の予算をつけました。
e0183792_16481759.jpg
安心して働ける職場環境を作り、幹部や社員さんがいい社風を作り、それらが好循環してお客様のサービスに繋がるような経営をおこなっていかなければなりません。何の為に働くのか?そういうことを一人ひとりが真剣に考え人生を歩んでいってほしいと思っております。

また、今期は55周年ということもあり、プライベート展示即売会や講習会やゴルフコンペ等、お客様に還元できる企画も考えておりますので楽しみにしておいて下さい。
本日から55期のスタートです。決めたことに対し、コミュニケーションを図り、PDCAサイクルをしっかりと回していって下さい。

[PR]
by sunayamanet | 2018-02-21 16:48 | 仕事 | Comments(0)