社員面談

今週の月曜日から昨日までの3日間で、社員さんの面談をおこないました。

全社員とおこないますので、体力・気力的にキツイものがありますが、普段なかなか一人ひとりとシッカリと向き合う時間が取れていないのが現状ですから、この面談はとても大切な時間になります。

今回は、新しい試みをしました。
現状の給料及びボーナスで満足していますか?不足ですか?不足であるならどれくらい必要ですか?(希望も含む)ということを事前配布の設問に追加しました。

謙遜する方、遠慮気味な方、主張する方等、様々な方がいました。
経営者も分かっています。年齢、家庭、子供さんの人数を考えれば、これぐらいは必要かということぐらいは・・・しかし、今の状態のままでは夢物語のような話になってしまいます。

では、どうしたら生活が安定して、安心して働ける会社を作ることが出来るか・・・そういうことも含め、お互いに共有することが出来ました。

企業の使命は『永続』することです。
永続する為には、『強い会社』『良い会社』を作ろうと語りました。
『強い会社』とは、絶対に潰れない会社を作ることです。言い換えれば、財務体質が強固な会社と言えるでしょう。例えば、震災等や様々な事情で営業が一切出来ず、売上を上げることが1年、2年間出来なかったとしても社員の雇用を守り、賃金を払える会社がそういう強い会社である。

そして、『良い会社』とは、社風の良い会社を作ることです。
社風の良い会社とは、風通しが良く、部門が違っても常に情報が流れてる。やりがいがあって、目標や夢を共有し、皆が一丸になっていて、仕事が好きで自社に誇りを持てる会社である。

中期経営計画に基づき、3年以内にそれを達成し、所得もUPし、次のステージに上がろうとお話させて頂きました。

今回の面談で印象に残ったのは、このような話をした時、すべての社員さんとまではいきませんが結構な割合で、社員さんの目の色が変わった。心に火が点いたように感じたことでした。
今までの面談でもこんな風に感じたことは正直ありませんでした・・・

30人ぐらいの会社でも、一人ひとりの意識が変わり、行動が変わってくると山が動くかのように会社が動き出します。私だけの会社ではありません。社員一人ひとりの会社です。
一人ひとりの成長が会社の成長に繋がっていきます。3年後の会社の姿・自分の姿をアファーメーションし、通過点である中期経営方針を絶対に達成しましょうね!!
[PR]
by sunayamanet | 2013-06-20 16:23 | 仕事 | Comments(0)