人財の育成

職場に置いて、様々なジンザイがいます。人罪?人在?人材?人財?

定義としては・・・
人財=理念を共有し、自分で考え行動できる人(成果を掴むべくして掴む人)
人材=言われたことはおこなう。但し、指示待ちな要素が多い人。
人在=ただその会社に帰属していて、実績も作らず、成長も見込めない人。
人罪=職務遂行の妨げになり、更に周囲の人にも影響を与え、巻き添いにする。

大きく分けると、この4タイプのジンザイがいると言われております。
どの企業も、一人でも多くの人材を人財に育て上げていきたいと考えているが・・・
なかなか考えているように上手くいかないのが現状である。

また、人罪がいると本当に上記のようなことが社内で起こってきます。
こういう方は、中途採用者に多く見受けられるのではないのでしょうか・・・
本人も被害者意識を持って、辛いかもしれませんが、会社も他の社員もたまったもんじゃない。
企業は、出来るだけそういうミスマッチを無くす為に、出来るだけ多くの情報を面接時に提供しなければならないし、面接を受けられる方も、今までの考え方や行動や態度を改めて、その会社の考え方を理解しようと心掛けて、再スタートするという気概で臨まなければなりません。

しかし、面接だけでは、正直わからないのが現状です。企業も試用期間を設け対応しておりますが・・・中小企業の場合は、待ったなしで募集を掛けるので・・・そう考えると、計画的な採用や常日頃からの人財育成が大切です。

そういう観点から、弊社も人財の育成に力を入れております。
2/21より新しい期がスタートし、様々なOJTやOFFJT、資格取得が目白押しです。

昨日は、製造業(主に鉄工所関連)に販売営業をおこなっている課の皆さんで、コストダウン&効率UPする商品勉強会をおこなっておりました。これも提案営業が出来るようになる為、営業マンにとって必要な商品勉強会である。
e0183792_1121843.jpg

e0183792_1124087.jpg

※ 弊社営業マンが今までの製品と新しい製品の比較をおこない、体感することでお客さんに対し、説得力が増します。
e0183792_113794.jpg

e0183792_1133134.jpg

※ 3Mさんから出ている新商品!!作業効率は間違いなくUPし、費用対効果が確実に分かる
e0183792_1182078.jpg

※ 熔接機メーカーである、ダイヘンさん主催の溶接アカデミー(各種溶接関係のスクール)も受講し、認定されました。

職務教育や態度教育を通し、一人ひとりが日々成長できる環境を会社は作り、一人でも多くの社員さんを『人財』に育て上げ、お客さんに対し『信用』『サービス』を商品として提供していかなければなりません。

終わりない人財育成ですが、企業として社員さんの成長を応援していきたいと考えております!!
[PR]
by sunayamanet | 2012-03-15 11:51 | 勉強会 | Comments(0)